様々な場面で利用されているスタンド花ですが、やはり最も目にする機会が多いのはお店の新規開店祝いではないでしょうか。店先にスタンド花が飾られていると、そのお店が新たに開店したことが一目瞭然ですよね。大きくて人目を惹くスタンド花を新規開店の印として飾っておくことで、お店の宣伝になる効果も期待できるのです。

そういう理由もあるため、スタンド花を贈る時にはお店の雰囲気にぴったり合ったものを選択することが大切だと言えます。

もちろん、考えるのは雰囲気だけではありません。相手に喜んでもらうためには、贈るお店や事務所の広さも考慮すべきです。小さなお店に大きなスタンド花を贈られてしまっては、気持ちは嬉しいかもしれませんが、置く場所に困ってしまいます。

スタンド花は、その大きさや使用される花によって値段は変わってくるものですが、一般的な相場としては10,000円~30,000円程度となっています。しかし、あくまでも相場の話ですから、これを超える値段のものを贈るのはダメ、ということはありません。高価な花を使いたい場合はもっと値段が高くなるでしょうし、その花が旬なのか否かによっても違ってくるものです。
スタンド花を発注する場合は、先にフラワーショップに予算を伝えておくのがよいでしょう。

スタンド花に使用される花として人気の高い「胡蝶蘭」は、開店祝いだけではなく、選挙事務所や祝賀会などにもよく贈られています。
高価なだけでなく見た目に豪華でよく目立つため、相手にも喜んでいただけますし、贈る側からしても贈りがいがあるようです。「幸福が飛んでくる」というおめでたい花言葉がついていることもありますから、人気なのも頷けますよね。

他にも人気な花は数多くありますし、豪華なものも可愛いものもたくさんあります。花が好きな人も興味がなかった人も、スタンド花を選ぶついでに、今一度フラワーショップでじっくり観賞してみてはいかがでしょうか。心が癒されること間違いなしですよ。