スタンド花は相手を想う気持ちで贈るものではありますが、贈る側から考えるとどうしてもお値段が気になるところです。

お金持ちや企業でもなければ、一度に何万円も使って贈り物をするのは大変ですからね。そんな時には、1万円台でお手頃にスタンド花を作ってくれるフラワーショップを探してみるのをおすすめします。

1万円台の安いスタンド花でもいいのかなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば個人から個人へ贈るギフトの場合、1万円のお花をもらったら……と思うと、十分に豪華だと感じることでしょう。スタンド花ともなると花束よりも大きくて立派ですから、派手に祝うのには最適です。

お手頃価格のものですと高価な花はあまり使用されませんが、全体的にボリュームが出るようにアレンジしてくれるフラワーショップも多いようです。たとえ価格が安いスタンド花でも、他と比べて著しく劣った見栄えになったりはしませんから安心してください。

企業、つまり法人に贈ろうと考えた場合には、1万円のものでは物足りなさを感じる人も多いようですから、もう少し高いものを贈った方がいいかもしれません。法人に宛てた花の場合は相場は2万円程度となっています。3万円を超える花を贈る人も多いようですね。
予算が2万円になると高価な種類の花を使用することもできますから、見た目にもより華やかになり、周りと比べて見劣りすることもないはずです。

相場を大きく外れて、5万円以上の高級スタンド花を作ってもらうことも可能ですが、2~3万円程度のものと比べても全体のボリュームはほとんど変わりません。使用される花が値段相応の高級なものになってくるわけですが、贈る相手がよほど花に詳しい人でない限り、その価値を理解してもらえる可能性は高くないのではないでしょうか。
もちろん、高級なスタンド花を贈るのがいけないわけではありませんが、一般的には高くても3万円程度のものを選ぶのがよいとされているようです。

スタンド花は全体的なボリューム感で見栄えが違ってきます。スタンド花を値段で選ぶ場合は、どんな花が使用されているのかに注目しましょう。高価な花が使われていても全体的なシルエットが貧相ならば、お金をかける意味がありません。
贈って楽しい、贈られて嬉しいスタンド花を選べるように気を付けたいものですね。