就任祝いとして胡蝶蘭を考えている人は多いと思いますが、何となく胡蝶蘭を渡しておければ当たりさわりが無いというのはこれまでビジネスマナーを学ぶ中で培ってきた知識の一つかもしれません。

しかし、就任祝いの花は自分以外にもたくさん贈ることになるので就任祝いの花を貰うよりも他のものを貰った方が嬉しいケースも多いので、贈る相手との関係から考えて胡蝶蘭以外のものが贈れるような間柄の場合はギフトをおすすめします。

ギフトにもいろいろな種類があるのでどれを購入するか悩むところだと思いますが、もし贈る相手に家族がいる場合は家族も就任することに対して喜びの気持ちがあると思うので、家族でお祝いすることができるように高級食品を贈るというのも方法としてあります。

就任祝いとしてスタンダードな胡蝶蘭を贈るよりも家族で楽しむことができるものを渡す方が印象に残りやすく、贈る相手が取引先の重役になる予定であれば今後の付き合いにプラスとなる可能性もあるので違う角度から考えることもおすすめです。

ネット通販などにも専用のギフトショップがあるので忙しい場合は空いた時間を使ってパソコンで調べてみるとよいでしょう。
ただし、ほとんどお付き合いがないような相手で家族構成も分からないような場合は下手に高級食品を贈るのではなくスタンダードに胡蝶蘭を贈った方が間違いはありません。

どちらにしてもお祝いを渡す場合はものとは別に日頃の感謝を込めたメッセージカードなどをプラスすることを忘れないようにしましょう。